| TOP | 行き方 | 参拝料 | お願いについて | 周辺観光 | 駐車場 | 口コミ | 境内 | Site Map | Information |

鈴虫寺ってどんなところ?

鈴虫寺の階段

わらじを履いたお地蔵様が、願いをかなえに来てくれる・・・ なんともファンタジックなお話ですが、京都は松尾に通称「鈴虫寺(すずむしでら)」、正式名称「妙徳山・華厳寺(みょうとくざん けごんじ)」という、一年通して鈴虫の声を聞くことの できるお寺があります。なんでも、よく願いが叶う、という評判で日曜祝日は問わず、非常に混雑している人気のお寺です。
行き方は、阪急嵐山線「松尾」駅下車、徒歩約15分です。
(詳しくは、鈴虫寺の行き方駐車場情報をご覧下さい)
近くには苔寺や、松尾大社があり、とても落ち着いた雰囲気の町並みの中、長い階段の先で鈴虫達が出迎えてくれます。

 

 

 鈴虫寺の人気の秘密

 幸福地蔵さんこれは、なんと言っても「わらじを履いたお地蔵さまのご利益」とご住職の「鈴虫説法」ではないでしょうか?
 なぜお地蔵様がわらじを履いているのかと言いますと、私たちの願いを叶えに、または様子を見にやって来て下さるのだそうです。
 鈴虫寺のお地蔵様は「幸福地蔵菩薩」というお名前です。お地蔵様は、元々とても親しみやすい仏様で、地獄に居ながら、この世に生きる人のみならず、地獄に堕ちた人々をも救ってくださり、願いを叶えてくださる大慈悲をお持ちになった仏様だそうです。
鈴虫寺の「幸福地蔵菩薩」さまはわらじを履いていらっしゃるので、私たちの様子を見にやってきてくださるアクティブな仏様なんですね。
そして、鈴虫寺で聞ける「鈴虫説法」では願いを叶えたいだけではなく、自分を見直すとても深い説法を聞くことができます。願いが叶うも叶わないも自分次第、何か行き詰ったり、悩んだりした時に出口が見つかるかもしれないですね。

一回に一つづつ

幸福御守り鈴虫寺には入学・開運・復縁・恋愛成就・良縁祈願の方々をはじめ、多くの方が願いを叶える為ににいらっしゃるそうです。
お願いは、一回にひとつずつ、決して欲張ってはいけないそうです。「願い事が叶うか、叶わないか?」ではなく「叶うように努力するので見ていてね」という気持ちで行ってみてはどうでしょう? 見守ってくださる、という安心感が魅力的だと私は思います。 そして、お参りを機会に、自分を見つめなおすキッカケにしても良いな、と思います。

 

 

 

鈴虫寺の空いてる時はいつ?

混雑している階段口コミ情報を見ていると・・・
  ・夏休み以外の真夏   ・正月を外した真冬
  ・できれば平日      ・拝観が始まる午前9時頃
が空いてそうです。

でも混雑している時期でも、拝観開始の9時頃なら、どうにかなるかもしれ

ません。「早起きは三文の得」ってやつです。